SUPの学連!

新型コロナウイルス対策に関するステイトメント

2020.5.8 更新

政府による緊急事態宣言延長発表に伴い、令和2年5月末日まで以下の活動を停止いたします。

・練習会の開催

・集会所(平塚市榎木町2-15)における安全講習・競技会研修等の実施

 

2020.4.7 更新

政府による緊急事態宣言に伴い、令和2年5月7日まで以下の活動を停止いたします。

・練習会の開催

・集会所(平塚市榎木町2-15)における安全講習・競技会研修等の実施

 

2020.3.13 制定

 

全日本学生SUP連盟(以下、学連)を運営する一般社団法人サップリーグジャパンは、新型コロナウィルス感染防止に全力で努めるとともに、下記ルールに則り活動致します。



◆Stand Up Paddle(SUP) 競技について

・3m以上のボードの上に立って乗り、パドルを漕いで競争するマリンスポーツ。

・河川や海、湖といった屋外の開放空間で実施される。

・競技特性上、常に移動状態であり、至近距離でのヒト間接触が継続的に発生しない。

 

以上より、SUP競技及び練習活動自体による新型コロナウイルス感染拡大リスクは極めて少ないと判断します。また新型コロナウイルス予防として、適度な運動が推奨されていることから通常活動の継続に意義があると判断しました。

 

参考:

見附市「新型コロナウイルス予防に「運動」が有効です」

 

つきましては、感染拡大防止に努めるため下記、マニュアルの徹底をお願いします。



◆新型コロナウイルス感染拡大防止マニュアル

・練習前、練習後によく手を洗うこと

・練習後、使用したボード・パドルの洗浄を行うこと

・10分以上の併走ドラフティングの禁止(横並び2m内侵入)

・倉庫は窓を開け、十分な換気を行うこと

・対面会話時の感染防止(人物間距離を2m以上開けること)

・日常生活において、手の洗浄除菌、うがいの徹底

・各自、練習参加日に検温(37.5度以上ある場合参加禁止)

・参加者全員の身元確認(練習参加フォームで対応、体験者の詳細は備考欄に記載)




全日本学生SUP連盟代表 大森正也

MENU